メンテナンス

スポンサーリンク
GN125Eカスタム

GN125のタイヤ空気圧は?空気入れや応急パンク修理など

GN125Eの適正タイヤ空気圧 GN125Eのを見てみると、タイヤの適正空気圧は以下のようになっています。 前輪1.75 (kg/cm2)後輪2.25 (kg/cm2) GN125のタイヤ空気圧のメンテナンス ...
GN125Eメンテナンス

「QUIXXスクラッチリムーバー」でGN125タンクの小キズ消し

「QUIXX(クイックス)スクラッチリムーバー」とは? 「QUIXX(クイックス)スクラッチリムーバー」とは塗装面のキズを補修するためのキットです。信頼のドイツ製です。 キット内容は、下記のようになっています。 ・ポリッ...
GN125Eメンテナンス

GN125Eエンジンヘッドからのオイル漏れを液体ガスケットで補修

リークリペアで応急処置も限界が・・・ GN125のシリンダーヘッドカバー部分からのオイル滲みがあり、「リークリペア」を使って応急処置をしていました。 シリンダーヘッドカバーのこの部分からのオイル滲みが特にひどいです...
スポンサーリンク
GN125Eメンテナンス

GN125のタペットクリアランスの調整

「タペットクリアランス(バルブクリアランス)」とは? 「タペットクリアランス(バルブクリアランス)」とはロッカーアームがバルブを叩く部分であるタペット部のすき間のことで、ここを適正に調整する必要があります。 クリアランスが広す...
GN125Eカスタム

GN125のシート補修&シート張替え

GN125のシート補修(補修シール&染めQ) GN125のシートが経年劣化で破れてしまいました。特に溝になっている部分から破れやすいようです。 下記のような感じでパックリなってしまっています。雨水や湿気を吸い込んで、座...
GN125Eメンテナンス

GN125のジェネレーターのステータコイル交換

ジェネレーターを構成する部品(ステータ・ロータ) バイクのメンテナンスの中でも特に苦手なのが電装系部品なのですが、色々と調べた結果、電気を発生させるのが「ジェネレーター」と呼ばれる部品です。 ジェネレーターは、「ステータ(コイ...
GN125Eメンテナンス

GN125のインシュレーター交換(亀裂による二次エアー吸い込み)

GN125のインテークパイプ亀裂による二次エアー吸い込みによるアイドリング不調 GN125のアイドリングが不安定になったことがあり、キャブレターとエンジンを連結しているインテークパイプを確認してみると、亀裂があり、そこから二次エアー...
GN125Eメンテナンス

GN125Eキャブレターのオーバーフローとオーバーホール

GN125のキャブレターのオーバーフロー GN125にしばらく乗っていない期間があり、久しぶりに乗ろうとしたところ、キャブレターの下部にあるホースからガソリンがポタポタ漏れていました。 オーバーフローの原因はキャブレターのフロ...
GN125Eメンテナンス

GN125のカムチェーンテンショナーの調整方法

カムチェーンとカムチェーンテンショナーとは カムチェーンとはクランクの回転を吸気・排気バルブを動かすカムシャフトに連動させるチェーンです。 カムチェーンテンショナーとは、このチェーンが伸びてきた時にテンションを保つため...
GN125Eメンテナンス

GN125のイグニッションコイルの不調と交換

GN125が走り出してしばらくすると失火するような症状が・・・ GN125が走り出してしばらくすると、何回かに1回、失火するような症状が発生するようになり、プラグなどを交換してみたのですが変わらず。。 ネットで調べてみると「イ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました