GN125の後輪タイヤの交換【リアタイヤに太い「ダンロップ K127」は定番?】

GN125Eカスタム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アウトドア&スポーツ ナチュラム

フロントタイヤに引き続きリヤタイヤも交換

GN125Eのレストア・メンテナンス計画の中で、フロントタイヤに続き、リヤタイヤも自分で交換することにしました。

タイヤの矢印の部分を見ると溝が減っており、経年劣化も進んでおりヒビ割れも見られました。

ちなみにこのタイヤは「DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤ K127 リア 110/90-16 M/C 59S チューブタイプ(WT) 124241 」です。タイヤパターンや太さが気に入っているので、新しいタイヤも同じものを履かせます。

GN125のリヤタイヤの外し方

リヤタイヤを外す必要がありますので、リヤ側のアクスルシャフトのボルトを緩めますが、割りピンが付いているので、それを外してから緩めます。そして安定のサビだらけです。。。

ナットが回るか心配でしたが、緩めることができました。

スプロケットも交換する予定なので、スプロケットのボルトも緩めておきました。ボルトを緩めるには、廻り止めのストッパー金具をマイナスドライバーとハンマーを使って広げる必要があります。

ストッパーを広げ、スプロケのボルトも緩めておきました。

シャフトの反対側をハンマーなどでどつくとシャフトを抜くことができます。

チェーンもはずすとリヤタイヤが外れました。

と思いましたが、リヤブレーキのドラム部分に止まっているボルトも外す必要がありました。

リヤタイヤが外れました。

リヤブレーキのドラム部分も取れました。アームの部分の錆が酷すぎるので、新しいものを注文しました。パーツの品番は「64451-48000(レバー、リヤブレーキカム)」でした。

GN125のリヤタイヤの交換方法

フロントタイヤのときと同様に、空気を抜いておき、足で踏んでビードを落としてから、タイヤレバーを使って古いタイヤを外していきます。

片側が外れました。

チューブの空気を抜く際は、バルブコアを外すための虫回しがあると便利です。

古い方のチューブはIRCの3.25/350-16が入っていました。見た目上はまだ使えそうですが年数が経っているので新しいチューブに交換します。

ホイールからタイヤが外れました。体重をかけながらタイヤを押していくと外しやすかったです。

ホイールの内部も汚れていました。

可能な限り綺麗にしました。

新しいタイヤも「DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤ K127 リア 110/90-16 M/C 59S チューブタイプ(WT) 124241 」です。タイヤがハマりやすいように、ビードワックスをホイールのリム部分やビード部分に塗っておきます。

チューブは今回「DUNLOP(ダンロップ)バイクタイヤチューブ 4.60*110:120/90-16 バルブ形状:TR4 リム径:16インチ 133547」を使いました。

タイヤ側にも「ビードワックス」を塗っておきます。

片側をホイールに嵌めたあと、チューブを入れます。今回はタイラップを使わずに嵌めてみましたが、新しいタイヤは柔らかいのでそれほど苦労せずに入りました。

チューブのバルブの先端をナットで少しだけ止めておきます。タイヤにある黄色い丸印の部分と合わせるようにしておきます。

チューブを噛まないように、タイヤのもう片側もタイヤレバーを使って嵌めていきます。

新しいタイヤを取り付けできました。再度チューブを噛み込んでいないかを確認して空気をいれていきます。

空気入れはフットポンプによる人力です。後輪タイヤの空気圧はGN125EのGN125サービスマニュアルによると「2.25 (kg/cm2)」です。

created by Rinker
大橋産業 (BAL)
¥4,999 (2021/01/27 12:52:22時点 Amazon調べ-詳細)

バルブのナットを締めておきます。

最後に蓋をして完了となります。フロントタイヤの交換でなれていた分、後輪タイヤはスムーズに交換することができました。

タイトルとURLをコピーしました