GN125キャブレターに「アイドルアジャストスクリューキット」を取付け

GN125Eカスタム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

GN125Eのキャブレターのアイドルアジャスタスクリュー

GN125Eのキャブレターのアイドリング調整用のアイドルアジャスタスクリューですが、下記の場所についています。

実物でいうと、下記の写真のネジ状の部品になります。ここを回すことで、スロットルシャフトの初期位置(アイドリング時の位置)を調整することができます。スロットルシャフトがアクセルを開く方向に調整するとアイドリングが高くなり、閉まる方向に調整するとアイドリングを低くすることができます。

GN125Eのキャブレターに「アイドルアジャストスクリューキット」を取り付けてみた

以前乗っていたメインバイクに付けていた「アイドルアジャストスクリューキット」が使えないか試してみました。

このキットを装着することで、アジャストスクリューを延長することができ、アイドリングの微調整を手元ですることが可能になります。

ただ、ネジの径が異なりそのまま入れ替えることができなかったので、元のアイドルスクリューとリモートアイドルスクリューの間に穴を開けたプレートを噛まし、そのプレートの穴を起点にタイラップなどを使って連結しました。

見た目が若干アレだったのでカバー的なものを付けました。

ちゃんと連動して回ってくれました。強度的にも大丈夫そうです。

信号待ちなどで、このスクリューを手元で回して調節することでアイドリングを上げたり下げたりすることができます。

冬場などはチョークレバーによる暖気と、走っている時はこのアイドルスクリューを使って信号待ちの時のアイドリングの回転数を微調整したりしています。

地味ではありますが、低めのアイドリングが好きなので、いい感じのアイドリングを保つのが結構楽しいです。

タイトルとURLをコピーしました