GN125ブレーキキャリパー&キャリパーピストンのオーバーホールとブレーキフルード交換

GN125Eメンテナンス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アウトドア&スポーツ ナチュラム

GN125のブレーキキャリパーピストンの固着

久しぶりにGN125で走りに行こうと、家を出てしばらく走っていると、ブレーキレバーが固くなっていき、どんどんフロントブレーキがかかった状態になっていきます。

なんとか家に戻った時には、フロントブレーキは完全ロック状態になってしまいました。

調べてみると、どうやらブレーキキャリパーのピストンシールが劣化すると、キャリパーピストンが戻らなくなり、このような状態になることがあるとのことでした。

中古で購入以来、ブレーキパッドの交換はしていましたが、キャリパーのオーバーホールはやっていなかったので、年式からして劣化していてもおかしくない頃でした。

固着したキャリパーピストンを専用工具で取り外す

ブレーキキャリパーを外してみると、やはりキャリパーピストン部分が固着して動かない状態になっていました。

普通キャリパーピストン自体は、ブレーキホースを付けた状態でブレーキをにぎにぎすれば押し出されて出てくるらしいのですが、今回は全く出てくる気配がありませんでした。

※エアーコンプレッサーで押し出す方法もあるようなのですが、固着した状態で押し出すと、弾丸のように飛び出したりして危ないらしいです。

キャリパーピストン脱着用の工具」があることを知り、早速取り寄せました。「ピストンプライヤー」という名称らしいです。

何年に一回使うか使わないかの道具ですが、修理もバイクの醍醐味のうちということで注文しました。。。

キャリパーピストン脱着ツールですが、下記のような形状になっており、ピストンプライヤーを握り込むと、プライヤーの先の丸い部分がピストンを内側から押さえることができます。

このピストンプライヤーにはロック機能が付いており、いったん広げるとそのままの幅をキープしてくれます。

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥2,892 (2019/12/10 13:21:10時点 Amazon調べ-詳細)

あとは、プライヤーをグリグリすると徐々にピストンが抜けてきました。

ようやくピストンが取れました。これを何個もやるとなると骨の折れる作業ですが、GN125は構造がシンプルで、キャブレターにしてもキャリパーピストンにしても、1個だけメンテナンスすればOKなので、自分で修理しようという気にさせてくれるのがGN125の良いところでもあります。

ブレーキキャリパー&ピストンを洗浄する

とても汚いです。。。

外したピストンもご覧のようにひどい汚れです。

ピストンシールを取り外したところです。。。それにしても汚い。

こんな感じに分解できました。ゴム製品の「ピストンシール」と「ピストンブーツ」は新品に交換したいと思います。

ブレーキクリーンを使って洗浄していきます。

ブレーキフルードが固形化したものが固着していましたので、ブレーキクリーナーを吹きかけて歯ブラシで磨いたり、1500番ぐらいの耐水ペーパーで磨くことによってだいぶ綺麗になりました。

created by Rinker
KURE(呉工業)
¥555 (2019/12/10 13:21:10時点 Amazon調べ-詳細)

キャリパーピストンシールの交換

ピストンシールとピストンブーツがセットになった補修部品がありましたのでそれを取り寄せました。品番は「59300-04861」でした。

SUZUKI 純正部品
品番:59300-04861
ピストンシール&ピストンブーツ セット

created by Rinker
スズキ(Suzuki)
¥590 (2019/12/10 13:21:11時点 Amazon調べ-詳細)

シリコングリスを塗って、ピストンシールを先にはめ込みます。

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥764 (2019/12/10 14:56:53時点 Amazon調べ-詳細)

次に「ピストンブーツ」を取り付けます。実際はピストン側に先に取り付けてはめ込んだ方が入れやすかったです。

ブレーキパッドはまだ使える状態でしたので、ブレーキパッドの裏側にブレーキパッドグリスを塗ります。

ブレーキパッドを押さえる金具なども忘れずに取り付けます。

ブレーキパッドを取り付けます。

GN125のブレーキフルードの交換

合わせてブレーキフルードの交換も行いました。

古いブレーキフルードを抜くのに「フルード吸入器」を使いました。

created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥755 (2019/12/10 17:55:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
§良匠∞FIRSTInFO∞TOOLS
¥6,850 (2019/12/10 13:21:14時点 Amazon調べ-詳細)

ブリーダスクリューをメガネレンチを使って緩め、フルード吸入器で古いフルードを抜いていきます。

フルード吸入→スクリューを締める→しばらくしてスクリューを緩める→フルード吸入→・・・という感じです。マスターシリンダー内のフルードが無くなってしまうとエアーを噛んでしまうので、新しいフルードを足しながら行います。吸入器が無い場合はブレーキレバーを握る方法でも良いようです。

新しいフルードが出てくるようになったら、ブリーダスクリューを締めて完了です。

タイトルとURLをコピーしました