「Campsnail アウトドア キャンプチェア (肘掛け付きハイバック)」レビュー

Camping
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アウトドア&スポーツ ナチュラム

お気に入りの「ヘリノックス サンセットチェア」が壊れた・・・

長年愛用していた「ヘリノックスのサンセットチェア」ですが、ついに壊れてしまいました。

↓のように樹脂パーツ部分に亀裂が入ってしまいました。普段、自宅で仕事をするときも使っていたので、まあ仕方なしでしょうか。。。

チェアワンのフレームが折れてしまった際には、丸パイプを加工して修理ができたのですが、今回はパイプ部品はまったく問題なく、樹脂パーツが割れてしまったので今回、自分での修理は無理そうです。

「Campsnail アウトドア キャンプチェア (肘掛け付きハイバック)」を買ってみた

普段仕事でも使っている椅子なので、同じものを買おうとも考えましたが、値段がそれなりに高いので、今回はAmazonで「Campsnail アウトドアキャンプチェア」を買ってみました。割引クーポンを使って実質4,500円ぐらいでした。

見た目はヘリノックスのサンセットチェアと同じ、ハイバックタイプですが、肘掛け付きのタイプを買ってみました。

耐荷重は150kgで、重量は1.87kgとなっています。サイズもほぼサンセットチェアと同じような感じです。

フレームの形状はヘリノックスとは異なっており、樹脂パーツは利用されていません。肘掛け部分の片側にはカップバックも付属しています。

収納袋のサイズはサンセットチェアより、やや大きめです。

収納袋から取り出したところ。座面とフレーム、肘掛けのパーツが入っています。

組み立ても簡単

フレーム部品は、特に問題なくサクサク組み立てられました。

メインのフレームがなぜ赤色なのか、若干不満ですが、太さ的にはかなり強度はありそうです。樹脂パーツが無いので割れたりする心配はなさそうです。

肘掛けと座面を取り付けてみました。座り心地も問題なさそうです。

肘掛けの片方にはカップホルダーが付いています。縫い目がやたら雑な所がアレですが、自分も大雑把なので使えれば良しとします。

反対側にはカップホルダーは付いていません。

肘掛け部分にはこのような小物入れを取り付けてみました。スマホや細々したものを入れておくのに便利です。

サンセットチェアの座面シートを取り付けてみた

フレームのサイズもそれほど変わらないので、このようにサンセットチェアの座面シートも取り付けることができます。若干ゆったりする感じになりました。

足の部分はこのような形状になっています。

ヘリノックスのサンセットチェア用のボールフィートも取り付けることができました。ややブカブカしますが家で使う分には問題なさそうです。

Helinox ヘリノックス サンセットチェア用 ボールフィート
Helinox(ヘリノックス)

収納袋の両サイドにはこのようなフックがあるので

フレームに通して椅子の下に取り付けることもできます。

数日使ってみましたが、特に違和感なく使えています。

タイトルとURLをコピーしました