GN125ノーマルマフラーにヒートガード(マフラーガード)を装着してみた

GN125Eカスタム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アウトドア&スポーツ ナチュラム

Amazonの汎用マフラーガード(ヒートガード)パンチングタイプ

またアマゾンで余計なものをポチってしまいました・・・。マフラーのヒートガードです。今回はこれをGN125のマフラーに取り付けようと思います。取り付け用のステンレスホースバンドが2つ付属していました。中国からの発送っぽかったので、到着まで少し時間がかかりました。

↓はホンダのREBEL(レブル)1100の画像になりますが、こんな感じでヒートガードが付いているとなんか非常にカッコいい気がするのでGN125にも付けてみたくなりました(安易)。

Amazonで1000円ちょっとで売っているものになりますが、丸い穴が空いているタイプで「バイク用 マフラー ガード ヒートガード エキゾーストパイプ パンチング 汎用 ブラック」という名前で販売されていました。裏側はこのようになっており、ホースバンドを通して固定する形となります。

私のGN125Eのマフラーはノーマルマフラーです。カスタムで真っ先に交換するパーツといえばやはりマフラーですが、なんやかんやでノーマルマフラーの形状やジェントルな音が気に入っており、住宅街を走る時や暖気をする時に気を使うのも嫌なので、ずっとノーマルマフラーのままです。(音量はたぶん新聞配達のカブぐらいだと思います)

GN125にヒートガードを取り付ける

GN125のノーマルマフラーですが、まっすぐな場所がほとんど無いのでこの場所に付けてみました。

悪くはないですが、ちょっとインパクトに欠ける気がします。

もうちょい存在感が欲しいところ・・・。

ちょっと場所を変えて、テープでこの位置に仮止めしてみました。こちらの方が存在感はありそうです。ただ、マフラーの形状に沿っていないので後方に向かって広がる形にしたいところ。

コンパクトバイス(万力)を使って整形をしてみます。

根本側は左右に挟んで横幅を縮め、マフラーエンド側は上下に挟んで広げるイメージです。

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥3,753 (2022/10/05 06:33:59時点 Amazon調べ-詳細)

布などで覆ってバイスで挟んで整形します。マフラーガード自体はそこまで固くないのである程度整形は可能でした。

エンド側は上下に挟んで広げ、

根本側は左右に挟んで径を小さくしました。

こんな感じで扇状にしました。

取り付けバンドも耐熱塗装で塗装しておきました。

再度テープで仮付して確認してみます。整形前よりはマフラーにフィットする形状になりました。もう少し後ろにずらしたい感もありますが、取り付けバンドの都合上、この位置が限界でした。

付属の取り付けバンドでマフラーに取り付けました。2本のバンドの取り付けはこの位置です。

最初の取り付け位置よりは存在感が出たと思います。

以上、超地味なノーマルマフラーのカスタム紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました