1台3役コスパ高し「キャプテンスタッグ ヘキサステンレス ファイア グリル M-6500」レビュー

Camping
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アウトドア&スポーツ ナチュラム

バーベキューグリル単体としても使い勝手がよく優秀

私が持っている「M-6500」は4〜6人ぐらいでBBQをするのであれば十分の大きさです。

6角形なので安定感があり、グリルを囲んで焼いたり食べたりしやすいのがメリットです。

一面でこれぐらいの量を焼くことができます。

組み立て、収納も非常に簡単で収納時もコンパクト

セット内容は、スタンド、本体、底板、目皿(燃料用)、バーベーキュー網、収納用袋になっています。

外箱に組み立て方法が書かれていますが、組み立て方法も非常に簡単で、スタンドを立てて、本体を展開してセット、底板や網を置くだけで完了です。

収納バッグも付属しており、収納時も非常にコンパクトな厚みになります。

・組み立て時のサイズ:約 幅475mm ✕ 奥行410mm ✕ 高さ300mm
・収納時のサイズ:幅570mm ✕ 奥行470mm ✕ 厚さ60mm

となっています。

1台で焚き火・バーベキュー・ダッチオーブンに利用可能

バーベキューグリル以外では、焚き火やダッチオーブンに使うことができます。

25cmダッチオーブンがすっぽり入るサイズになっています。

着火剤を使用する場合の注意点

着火剤を使用する場合の使い方ですが、燃料用の目皿の上に新聞紙やダンボールを敷き、その上にゼリー状着火剤を絞り出します。

目皿の上に直接絞ると着火剤が目皿の網目から落ちてしまし、目皿の下にアルコールの混合ガスが発生し、引火する恐れがあるとのことです。

木炭を着火剤の周囲や上に組むように置き、ライターやバーナーで着火します。ちなみに着火剤は100均のもの、着火にはイワタニのバーナーを使っています。バーナーは火が着きやすいのでオススメです。

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥1,800 (2019/12/10 23:49:06時点 Amazon調べ-詳細)

使用燃料の目安(薪・木炭など)

焚き火スタンドとして使用する場合は、薪を使用することになりますが、本体内容量の1/2〜1/3程度が目安になるとのことです。

バーベキューグリルとして使用する場合で、木炭を使う場合は本体内容量の1/2〜2/3程度が目安になります。

created by Rinker
ナエムラ株式会社
¥2,150 (2019/12/10 23:49:07時点 Amazon調べ-詳細)

使用後の炭の処理・手入れなど

残った炭は「火消し壺」に入れて消火するようにしています。炭自体も再利用できるので、エコで経済的です。

網についたベトベトした肉の脂などは、ガスバーナーで焼き切ると炭になって処理しやすくなります。

網の中央付近に黄色い脂汚れがあります。

これをバーナーで炙ると脂がプチプチと燃えて、黒い炭になって掃除しやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました