1泊2日キャンプに最適なサイズ「コールマン ホイールクーラー 28QT」

Camping
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アウトドア&スポーツ ナチュラム

「コールマン ホイールクーラー 28QT」は1泊2日のファミリーキャンプにちょうど良いサイズ

わが家ではハードタイプのクーラーボックスに「コールマン クーラーボックス ホイールクーラー/28QT スカイブルー 2000010029」を使っています。

サイズや重さは下記のようになっています。

サイズ:約49cm ×34cm ×42cm(ハンドル伸長時 94cm)
重量:約3.3kg
材質:発泡ウレタン、ポリエチレン
容量:約26L

容量は約26リットルで、2Lのペットボトルが6本入るサイズです。

1泊2日のファミリーキャンプであれば十分の大きさかと思います。保冷剤を入れておけば、翌日まで冷えた状態をキープしてくれます。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,223 (2019/12/10 18:02:11時点 Amazon調べ-詳細)

ハンドルは使わない時は縮めておくことができます。

ちなみに、キャンプ場への道中で飲むジュースやお茶、その日に使う食材などはソフトタイプのクーラーボックスを使っています。

ハンドルとホイール付きで運搬しやすい

コールマン クーラーボックス ホイールクーラー/28QT スカイブルー 2000010029」にはハンドルと車輪が付いており、キャンプ場での運搬がやりやすくなっています。

ハンドルにボタンがあり、これを押した状態でハンドルを伸縮することができます。

ハンドル伸長時は高さ約94cmになります。寝袋やマットなど軽いものを、クーラーボックスの上に重ね、固定用ロープでくくりつけて一緒に運ぶこともできます。

クーラーボックス下部に、車輪が付いています。そこまで大きなタイヤではないですが、アスファルトや芝生サイトでは問題なく使えました。

小学校低学年の息子氏でも、中身が一杯の状態で普通に引っ張れる感じです。

キャンプサイトが駐車場から遠い時、奥さんや子どもたちに運搬を手伝ってもらえると大変助かります。

キャンプだけでなく、運動会などのイベントでも活躍しています。

「コールマン ホイールクーラー 28QT」を車載してみた感じ

車に積載するとこんな感じになります。真四角ではない形状なので、積載のとき引っかかりにくかったりと割と融通が効きます。

横の取っ手を持って積み下ろしをします。取っ手は持ちやすい形状になっています。

表面はボツボツとした加工になっており強度もありそうなので、クーラーボックス自体が凹んだり、傷が入ったりすることは少ないかと思います。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,223 (2019/12/10 18:02:11時点 Amazon調べ-詳細)

ソフトタイプのクーラーボックスならこちらがオススメ!

ソフトタイプのクーラーボックスの利点は、軽くて収納時はコンパクトに畳めるので、キャンプだけではなくレジャーや行楽にも活躍します。

ソフトタイプのクーラーボックスで人気なのは「コールマン アルティメイトアイスクーラー2」です。保冷力の高さ、コンパクトに畳める点や、上部の小窓から中身を取り出せるなどの工夫もされています。

出典:Amazon

ロゴス(LOGOS) クーラーバッグ ハイパー氷点下クーラー」も人気があり、専用の保冷剤「ロゴス(LOGOS) 保冷剤 氷点下パック GTマイナス16度 ハード」と使うことで高い保冷力を発揮します。

また、ジッパーを閉じることでかなりコンパクトに収納することができます。

出典:Amazon
タイトルとURLをコピーしました